SPAでGTMとGA4を使用して計測を行う際に、「二重計測」を防ぐ方法

GA4

参考記事:

GA4で「ページビュー数」が計測されるタイミング

GA4の「ページビュー数」が計測されるタイミングについて

GA4の、拡張計測機能「ページビュー数」ではデフォルトで「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」が有効化されています。

公式ヘルプ:[GA4] 測定機能の強化イベント – アナリティクス ヘルプ

拡張計測機能の設定は、プロパティ列 > データ ストリーム > ウェブ ストリーム > 「拡張計測機能」の歯車マークから確認することができます。

拡張計測機能「ページビュー数」

拡張計測機能を開くと、一番上に「ページビュー数」があり、有効化/無効化の選択はできないようになっています。そこには、以下の記載があります。

ページが読み込まれるたび、またはウェブサイトによりブラウザの履歴の状態が変更されるたびに、ページビュー イベントを記録します。ブラウザの履歴に基づくイベントは、詳細設定から任意で無効にできます。

また、その下の「詳細設定を表示」をクリックすると、「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」のチェックボックスが標準で有効化された状態で表示されます。

つまり、GA4のページビューの計測は以下の点で注意が必要です。

  • 標準で「ページが読み込まれるたび」だけでなく「ブラウザの履歴の状態が変更されるたび」にページビューが計測される
  • 拡張計測機能で「ブラウザの履歴の状態が変更されるたび」に計測を行いたくない場合は無効にする必要がある

ブラウザの履歴の変更とは

「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」のチェックボックスが何のためにあるのかというと、SPA(シングル ページ アプリケーション)サイトのなどのウェブサイトの計測を行えるようにするためです。
SPAサイトではページ遷移時にURLは変わるものの、ページの読み込みが発生しない場合があります。 UAでこのような遷移を計測したい場合は、ウェブページへの JavaScript のコード追加や、GTMの設定追加が必須です。

SPAサイト計測時の注意点

GTMのトリガーのタイプには、「変更の履歴」というトリガーがあります。

GTM経由でSPAサイトの計測を行うときに、「履歴の変更」トリガーを利用している場合、以下の3点すべてに当てはまるケースでは、二重計測が発生している可能性があります

  1. SPAサイトをGTM経由で計測している
  2. GA4 設定タグに「履歴の変更」トリガーを設定している
  3. GA4の拡張計測機能の「ページビュー数」で、「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」が有効化されている。

上記3点に当てはまると、ページ遷移時に以下の2つのタイミングでページビューが計測されてしまう可能性があるため、二重計測が発生する恐れがあります。

  1. GTMの「履歴の変更」トリガーが動作したタイミング
  2. GA4の拡張計測機能で「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」を検知したタイミング

UAの計測からGA4の計測へ移行を行っていると、UAのページビュー計測タグで設定しているトリガーと同じトリガーを設定してしまいそうになりますので注意してください。

GTMの「履歴の変更」トリガーとGA4の拡張計測機能「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」の違い

SPAサイトの計測を行う時に、以下のどちらの方法でGA4の計測を行うべきでしょうか。

  • ページ遷移はGA4の拡張計測機能を用いて計測を行う
  • ページ遷移はGA4の拡張計測機能「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」をオフにして、GTMの「履歴の変更」トリガーで計測を行う

どちらも同じ計測になりそうですが、違いがあります。

GTMの「履歴の変更」トリガーGA4の拡張計測機能「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」の違いについて確認します。

GTMのデバック画面を利用して確認します。

sample.com/からsample.com/solution/に遷移した際に、ページの読み込みが発生しないため、「Container Loaded」や「DOM Ready」などのページビューに関するイベントは発生しませんが、 URLは変わっているのでイベント「History」は発生します
ここでGTMのデバック画面を確認してみます。

↑GTMのデバック画面

下記のようになっています。

4. History Change

3. History

2. Scroll Depth

1. History

上記の番号イベントイベントの発生元発生条件ページタイトルの計測内容備考
1HistoryGTMの「履歴の変更」トリガー履歴の変更を検知した時遷移のページタイトル
3HistoryGA4の拡張計測機能履歴の変更を検知した時遷移のページタイトル拡張計測機能「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」を有効にする必要あり
4History ChangeGA4の拡張計測機能履歴の変更を検知した時(ハッシュの変更以外)遷移のページタイトル拡張計測機能「ブラウザの履歴イベントに基づくページの変更」を有効にする必要あり

ページビューの計測時は二重計測が発生しないよう、GA4の拡張計測機能とGTMどちらで計測を行うべきか、以下の違いに注意しつつ検討することになります。

GTMの「履歴の変更」トリガー

  • ページビュー計測タグに「履歴の変更」トリガーを利用すると、ハッシュが変更したタイミングでもページビューが計測される
  • ページ遷移後のページタイトルは遷移前のものが計測される場合がある

GA4の拡張計測機能

  • ハッシュが変更したタイミングでページビューは計測されない
  • ページ遷移後のページタイトルは遷移後のものが計測される

まとめ

SPAサイト計測時にはGTMで計測設定を行わずに、GA4の拡張計測機能を利用したほうが簡単かつ正確に計測を行うことができる可能性があります。
ただし、サイトの挙動によってはGA4の拡張計測機能で意図した計測を行えない可能性があるので、GTMで設定を行う方が良い場合もあると思われます。どちらを利用するのが適切かは計測設定時によく確認・検討する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました