メールの開封率(GA4)

GA4

GA4は、直接的にはメールの開封率を計測する機能は提供していません。そのため、メールの開封率を計測するためには、メールマーケティングプラットフォーム(例えばMailchimpなど)とGA4を組み合わせて使う方法が考えられます。

Mailchimp(メールチンプ)とは?メリットや利用方法・おすすめの機能などを徹底解説 | formLab
「Mailchimp」の基本情報、メリット、使い方、おすすめの機能などをご紹介。Mailchimpは無料で利用できるメール配信ツールです。メール配信だけでなくマーケティングも合わせて行いたい方は、ぜひMailchimpをご検討ください。

以下に具体的な手順を示します:

  1. 専用のランディングページを作成: メール内にリンクを設置し、そのリンクをクリックしたユーザーが最初に到達する専用のランディングページを作成します。
  2. UTMパラメータを用いたトラッキング: 送信するメール内のリンクに対して、GA4が読み取れるUTMパラメータを設定します。これにより、ユーザーがメール内のリンクからランディングページにアクセスしたとき、その情報がGA4に収集されます。
  3. メールマーケティングプラットフォームの設定: 送信するメールの開封数を計測するためには、メールマーケティングプラットフォームの該当する機能を利用します。例えば、Mailchimpでは、各メールの開封率やクリック率などをトラッキングする機能が提供されています。
  4. データを結びつける: メールの開封率とGA4でのランディングページの訪問数を比較し、メールがどの程度効果的であったかを評価します。GA4での訪問数(セッション数)をメールの開封数で割ることで、メールからウェブサイトへの効果的なリード数(開封から訪問への率)を計算できます。

この手法では、メールが開封されただけではGA4には反映されませんが、メール内のリンクがクリックされてランディングページへとユーザーが誘導された場合にはそれがGA4に記録されます。メールの開封率とリンクのクリック率を両方追跡することで、全体的なメールのパフォーマンスとウェブサイトへの影響を理解することが可能となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました