utm_campaign=AAAの「AAA」という文字列を取得し、ユーザー プロパティとして計測するためのGTMの設定手順

GA4

Google Analytics 4 (GA4)とGoogle Tag Manager (GTM)を用いて、特定のUTMパラメータをユーザー プロパティとして計測する方法は次のようになります。

新たな変数の作成

まずは、GTMでUTMパラメータを取得するための変数を作成します。

GTMのダッシュボードを開き、対象のコンテナを選択します。

左側のメニューから「変数」を選択し、「ユーザー定義変数」の「新規」をクリックします。

変数の設定をクリックし、「URL」を選択します。

コンポーネントタイプとして「クエリ」を選択し、「クエリキー」に「utm_campaign」と入力します。

この変数に名前を付け(例えば、「UTM Campaign」)、保存します。

Google Analytics: GA4設定 タグに ユーザー プロパティ を設定 

次に、この変数を用いてGA4のユーザープロパティを設定するタグを作成します。

既にGA4の設定タグの導入は終わっているケースが多いと思いますので、設定する方法は読み飛ばしてください。

左側のメニューから「タグ」を選択し、「新規」をクリックします。

タグの設定をクリックし、「Google Analytics: GA4設定」を選択します。

「測定ID」にGA4の測定IDを入力します。

「ユーザー プロパティ」をクリックし、「user_properties」をプロパティ名に、先ほど作成した「UTM Campaign」変数を値に設定します。プロパティ名は任意ですが、GA4で確認する際の名前になるので分かりやすい名前を選びます。

保存します。GTMの変更後は公開してください。

以上で、UTMパラメータ「utm_campaign」の値をユーザープロパティとしてGA4に送信する設定が完了です。

DebugViewで確認すると、上記のようになっています。

取得したプロパティを探索レポートにて カスタム ディメンション として利用したい場合は、プロパティ名の「user_properties」をスコープ「ユーザー」のカスタムディメンションとして設定してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました