GA4の カスタム チャネル グループ でUAの デフォルト チャネル グループ に似た チャネル グループ を作ろう

GA4

この記事は前半が設定例のパート、後半が解説パートになっています。

UA型のチャネルグループを作る

1. Paid

2. Display

3. Mail

4. Other

下記の正規表現に一致しない。

(Paid Search|Display|Email|Organic Search|Direct|Referral|Organic Social|Paid Social)

5. Organic

6. Direct

7. Referral

8. Social

【解説編】

GA4 プロパティのデフォルト チャネル グループの定義について解説します。GA4 プロパティではUAプロパティとは異なるチャネルグループに振り分けられる場合があるため注意が必要です。

デフォルト チャネル グループとは

チャネル グループとは、ユーザーが計測対象のWebサイトに訪問した際、流入元となるチャネル(トラフィックソース)をルールに基づいて分類したものです。チャネルグループを使用すると、ユーザーの流入元チャネルの成果を「オーガニック検索」や「ディスプレイ」のように大まかに分類してモニタリングできます。デフォルト チャネル グループは、Google アナリティクスで初めから設定されている分類ルールに基づいたチャネルグループです。

GA4 プロパティのデフォルト チャネル グループ定義

チャネルとは、ルールに基づいて分類されるトラフィック ソースの定義を指します。チャネルを使用すると、お客様のウェブサイトにトラフィックを送信するすべてのチャネルのパフォーマンスをモニタリングできます。チャネルの説明と定義については、下の表をご確認ください。

デフォルト チャネルは、次のディメンションの値として表示できます。

ディメンション定義アトリビューション モデル範囲
デフォルト チャネル グループユーザーがサイト / アプリにアクセスした際のチャネルプロパティのアトリビューション モデルセットデフォルト: データドリブン アトリビューション モデルイベント
セッションのデフォルト チャネル グループユーザーが新しいセッションを開始したときにサイト / アプリにアクセスした際のチャネル有料チャネルとオーガニック チャネル(ラストクリック)セッション
最初のユーザーのデフォルト チャネル グループユーザーがサイト / アプリに最初にアクセスした際のチャネル有料チャネルとオーガニック チャネル(ラストクリック)ユーザー

上記のディメンションは、集客レポート、広告セクション、(これらのディメンションを含めた場合は)カスタム レポートで確認できます。

GA4のデフォルト チャネルの説明

チャネル説明
アフィリエイトアフィリエイト サイトのリンクからユーザーがサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
オーディオユーザーがオーディオ プラットフォーム(ポッドキャスト プラットフォームなど)上の広告からサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
クロスネットワークユーザーがさまざまなネットワーク上(例: 検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク)の広告からサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
ノーリファラーユーザーが保存済みリンクから、または URL を入力してサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
ディスプレイディスプレイ広告(Google ディスプレイ ネットワークの広告を含む)経由でユーザーがサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
メールユーザーがメール内のリンクからサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
モバイルのプッシュ通知ユーザーがアプリを積極的に使用していないときに、モバイル デバイス メッセージのリンクを介してサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
オーガニック検索ユーザーがオーガニック検索結果で広告以外のリンクを介してサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
オーガニック ショッピングAmazon や ebay などのショッピング サイトの広告以外のリンクからユーザーがサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
オーガニック ソーシャルユーザーが Facebook や Twitter などのソーシャル サイトの広告以外のリンクからサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
オーガニック動画YouTube、TikTok、Vimeo などの動画サイトの広告以外のリンクからユーザーがサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
その他(有料)ユーザーが検索、ソーシャル、ショッピング、動画として識別された広告以外の広告からサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
有料検索ユーザーが Bing や Baidu、Google などの検索エンジンサイトの広告からサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
有料ショッピングユーザーが Amazon や eBay などのショッピング サイトや、個々の販売店のサイトで有料広告を通じてサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
有料ソーシャルユーザーが Facebook や Twitter などのソーシャル サイトの広告からサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
有料動画TikTok、Vimeo、YouTube などの動画サイトでの広告からユーザーがサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。
参照ユーザーが他のサイト / アプリ(ブログ、ニュースサイトなど)の広告以外のリンクからサイトにアクセスする際のチャネルです。
SMSユーザーがテキスト メッセージからリンクを経由してサイト / アプリにアクセスする際のチャネルです。

デフォルト チャネルの定義

これらの定義には、アナリティクスの各チャネルの現在の構成が反映されています。下記の定義は参照用として掲載されています。市場の変化に伴って定義も変化する可能性があります。

チャネルの定義では大文字と小文字が区別されません。また、編集することはできません(2023年7月9日現在)

チャネルアナリティクスの定義
Google 広告トラフィック用のチャネル
有料ショッピング参照元プラットフォームが「Google 広告」ANDGoogle 広告の広告キャンペーン タイプが「ショッピング」
有料検索参照元プラットフォームが「Google 広告」ANDGoogle 広告の広告ネットワーク タイプが「Google 検索」または「Google Partners」
有料動画参照元プラットフォームが「Google 広告」ANDGoogle 広告の広告ネットワーク タイプが「YouTube 検索」または「YouTube 動画」
ディスプレイ参照元プラットフォームが「Google 広告」ANDGoogle 広告の広告ネットワーク タイプが「Google ディスプレイ ネットワーク」
クロスネットワーク参照元プラットフォームが「Google 広告」ANDGoogle 広告の広告ネットワーク タイプが「クロスネットワーク」クロスネットワークには、ファインド キャンペーン、P-MAX キャンペーン、スマート ショッピング キャンペーンが含まれます。
有料ソーシャル参照元プラットフォームが「Google 広告」ANDGoogle 広告の広告ネットワーク タイプが「ソーシャル」
ディスプレイ&ビデオ 360 のトラフィック用のチャネル
ディスプレイ参照元プラットフォームが「ディスプレイ&ビデオ 360」ANDディスプレイ&ビデオ 360 のクリエイティブ フォーマットが、「Standard」、「Expandable」、「Native site square」、「Backdrop」、「Templated app install interstitial」、「Deprecated」、「Native app install」、「Native app install square」、「Native site」、「Templated app install」、「Lightbox」のいずれか
有料動画参照元プラットフォームが「ディスプレイ&ビデオ 360」ANDディスプレイ&ビデオ 360 のクリエイティブ フォーマットが、「Native video」、「Video」、「Templated app install video」、「Flipbook」のいずれか
オーディオ参照元プラットフォームが「ディスプレイ&ビデオ 360」ANDディスプレイ&ビデオ 360 のクリエイティブ フォーマットが「Audio」
その他(有料)参照元プラットフォームが「ディスプレイ&ビデオ 360」ANDディスプレイ&ビデオ 360 のクリエイティブ フォーマットが、「Publisher hosted」、「Tracking」、「Unknown」のいずれか
検索広告 360 のトラフィック用のチャネル(Google 広告以外のトラフィックのチャネルは以下のとおりです。Google 広告トラフィックのチャネルは「Google 広告トラフィックのチャネル」の表の最初に記載されているものと同じです)
有料検索参照元プラットフォームが「検索広告 360」ANDSA360 エンジン アカウント タイプが「bing」、「yahoo gemini」、「yahoo.jp」、「baidu」、「admarketplace」、「naver」、「360.cn」、「yandex」のいずれか
有料ソーシャル参照元プラットフォームが「検索広告 360」ANDSA360 エンジン アカウント タイプが「facebook」、「twitter」のいずれか
Merchant Center トラフィック用のチャネル
オーガニック ショッピング参照元プラットフォームが「ショッピング無料リスティング」
手動トラフィック用のチャネルアナリティクスの参照元とカテゴリのリスト
ノーリファラー参照元 – 完全一致 – 「(direct)」ANDメディアが「(not set)」または「(none)」
クロスネットワークキャンペーン名に「cross-network」が含まれるクロスネットワークには、ファインド キャンペーン、P-MAX キャンペーン、スマート ショッピング キャンペーンが含まれます。
有料ショッピング(参照元 – ショッピング サイトのリストに一致ORキャンペーン名 – 正規表現に一致 – ^(.*(([^a-df-z]|^)shop|shopping).*)$)ANDメディア – 正規表現に一致 – ^(.*cp.*|ppc|retargeting|paid.*)$
有料検索参照元 – 検索サイトのリストに一致ANDメディア – 正規表現に一致 – ^(.*cp.*|ppc|retargeting|paid.*)$
有料ソーシャル参照元 – ソーシャル サイトの正規表現リストに一致ANDメディア – 正規表現に一致 – ^(.*cp.*|ppc|retargeting|paid.*)$
有料動画参照元 – 動画サイトのリストに一致ANDメディア – 正規表現に一致 – ^(.*cp.*|ppc|retargeting|paid.*)$
ディスプレイメディアが「display」、「banner」、「expandable」、「interstitial」、「cpm」のいずれか
その他(有料)メディア – 正規表現に一致 – ^(.*cp.*|ppc|retargeting|paid.*)$
オーガニック ショッピング参照元 – ショッピング サイトのリストに一致ORキャンペーン名 – 正規表現に一致 – ^(.*(([^a-df-z]|^)shop|shopping).*)$
オーガニック ソーシャル参照元 – ソーシャル サイトの正規表現リストに一致ORメディアが「social」、「social-network」、「social-media」、「sm」、「social network」、「social media」のいずれか
オーガニック動画参照元 – 動画サイトのリストに一致ORメディア – 正規表現に一致 – ^(.*video.*)$
オーガニック検索参照元 – 検索サイトのリストに一致ORメディア – 完全一致 – organic
参照メディアが(「referral」、「app」、「link」)のいずれか
メール参照元 = email|e-mail|e_mail|e mailORメディア = email|e-mail|e_mail|e mail
アフィリエイトメディア = affiliate
オーディオメディア – 完全一致 – Audio
SMS参照元 – 完全一致 – smsORメディア – 完全一致 – sms
モバイルのプッシュ通知メディア(末尾が「push」)ORメディアに「mobile」または「notification」が含まれるOR参照元 – 完全一致 – 「firebase」

「unassigned」は、イベントデータに一致するその他のチャネルルールがない場合に使用される値です。

「(other)」は、基数制限が生じている集計行に使用される値です。詳細

レポートまたはデータ探索ツールに、2022 年 6 月 15 日より前の日付が含まれている場合、デフォルト チャネル グループにおいて、アナリティクスとの統合からのデータに不整合が生じることがあります。たとえば、「オーガニック ショッピング」と識別されるべきチャネルが、「オーガニック検索」と誤って識別される可能性があります。2022 年 6 月 15 日以降のデータには、このような不整合が生じることはありません。各統合からのデータは、参照元プラットフォームのディメンションを使用して正確に識別できます。

アナリティクスの参照元とカテゴリのリスト

Download a spreadsheet of GA4 default-channel-group sources and categories

検索、ソーシャル、動画、ショッピングのサイトをリストに追加したい場合、または現在のリスティングに変更を加える場合は、googleanalytics-channelgrouprequests@google.com までご連絡ください。Google アナリティクスでは、これらのリクエストを少なくとも年に 1 回、通常はもっと頻繁に確認しています。リストへの追加は、対象の検索エンジン、ソーシャル サイト、またはショッピング サイトから大量のトラフィックが発信されているかなど、さまざまな要因による Google の評価に基づいて判断されます。

GA4では、[集客]>[トラフィック獲得]のレポートを選択すると、デフォルト チャネル グループごとのデータが表示されます。GA4 プロパティのデフォルト チャネル グループは以下の表のように定義されています。 

UAプロパティからの変更点

ユニバーサル アナリティクス プロパティ(UAプロパティ)とGA4 プロパティのデフォルトチャネルグループの違いとして、GA4 プロパティではUAプロパティにはなかったチャネルグループが追加されていることが分かります。新たに定義が追加されたチャネルグループは以下の通りです。

新たに追加されたチャネルグループ

・有料動画
・オーガニック動画
・有料ソーシャル
・オーガニックソーシャル
・有料ショッピング
・オーガニックショッピング
・クロスネットワーク
・オーディオ
・SMS
・モバイルのプッシュ通知

※「有料ソーシャル」「オーガニックソーシャル」の追加にあたり、「ソーシャル」のチャネルグループは削除されています

GA4で新たなチャネルグループが追加されたことでUAプロパティとはトラフィックの分類ルールが大きく異なっています。デフォルト チャネル グループをベースにレポーティングや分析をおこなっていた場合は、UAプロパティとGA4での差分の把握やレポート構成を変更する必要があります。

デフォルト チャネルの定義

デフォルト チャネルを定義するルールを確認します。

デフォルトのシステム チャネル定義は、アナリティクスの各チャネルの現在の構成が反映され、[デフォルト チャネル グループ] に表示されます。今後、市場の変化に伴ってこれらの定義も変化する可能性がありますが、ここでは現在の定義について説明します。

注意事項

  • チャネル定義は大文字と小文字を区別します。URL に手動でタグを設定する場合は小文字を使用し、アナリティクスでセッションが正しく分類されるようにしてください。たとえば、Email とタグ付けされたメール キャンペーンは、「メール」チャネルのシステム定義と一致しません。
  • ディメンションの中には、関連費用データの問い合わせができないものもあります。チャネル グループ オブジェクトでそうしたディメンションを使用している場合、そのチャネル グループの費用データは取得できません。

参考:UAのデフォルトチャネルグループ

チャネル説明
ノーリファラー参照元 – 完全一致 – direct AND
メディア – 完全一致 – (not set)
OR
メディア – 完全一致 – (none)
オーガニック検索メディア – 完全一致 – organic
ソーシャルソーシャル メディアからの参照 – 完全一致 – Yes
OR
メディア – 正規表現に一致 – ^(social|social-network|social-media|sm|social network|social media)$
メールメディア – 完全一致 – email
アフィリエイトメディア – 完全一致 – affiliate
参照元サイトメディア – 完全一致 – referral
有料検索メディア – 正規表現に一致 – ^(cpc|ppc|paidsearch)$
AND
広告掲載ネットワーク – 完全一致しない – Content
他の広告メディア – 正規表現に一致 – ^(cpv|cpa|cpp|content-text)$
ディスプレイメディア – 正規表現に一致 – ^(display|cpm|banner)$
OR
広告掲載ネットワーク – 完全一致 – Content
(使用不可)または(その他)どのチャネルの定義にも一致しないセッション。

[GA4] カスタム チャネル グループ

ルールに基づいて分類されるウェブサイトのトラフィック ソースの定義をまとめたカスタム チャネル グループを作成する

チャネル グループは、ルールに基づいて分類されるウェブサイトのトラフィック ソースの定義(チャネル)をまとめたものです。アナリティクスでは、既定のチャネルから成るデフォルト チャネル グループが用意されていますが、独自のカスタム チャネル グループを作成することもできます。

カスタム チャネル グループは、すでにデフォルトのチャネル グループをプライマリ ディメンションとしてサポートしているレポート(例: 集客レポート)ならばどのレポートにおいても、プライマリ ディメンションまたはセカンダリ ディメンションとして使用できます。

カスタム チャネル グループは、ディメンションとしてカスタム レポートとデータ探索に使用できます。また、オーディエンスの条件を作成する際にも使用可能です。

注: 

  • カスタム チャネル グループは過去に遡って適用できます。
  • 現在のところ、コンバージョン経路レポートではカスタム チャネル グループを使用できません。

たとえば、「example.com」という会社がビーチウェアのサマー キャンペーンを実施中で、担当者はソーシャル メディアを重視したキャンペーンのデータをモニタリングしたいと考えているとします。この際の手順は次のようになります。

  1. 新しいチャネル グループ「サマー スイム ソーシャル メディア」を作成します。
  2. 既存のチャネル「有料ソーシャル」をそのまま利用して、ソーシャル メディア広告に関連するすべてのトラフィック ソース データを収集します。
  3. ローカライズされたコンテンツ用に作成した Facebook のマーケット ページごとに、新しい地域別チャネルを作成します(例: 「コート ダジュール」、「リグリア」)。

この場合、新しい地域別チャネルはそれぞれ次のように設定できます。

  • チャネル名: コート ダジュール
    • キャンペーン名完全一致(=)「サマー スイム」
    • 参照元完全一致(=)「facebook.com/ExampleCotedAzur」
  • チャネル名: リグリア
    • キャンペーン名完全一致(=)「サマー スイム」
    • 参照元完全一致(=)「facebook.com/ExampleLiguria」

次に、データを表示するには [集客] > [ユーザー獲得] レポート、および [集客] > [トラフィック獲得] レポートを使用し、新しいチャネル グループ「サマー スイム ソーシャル メディア」をプライマリ ディメンションまたはセカンダリ ディメンションとして使用します。

グループ内の各チャネルはディメンションの値であり、別々の行としてレポートに表示されます。次に例を示します。

  • 有料ソーシャル
  • コート ダジュール
  • リグリア

プロパティごとの上限

 標準プロパティ360 プロパティ(サブプロパティと統合プロパティにも適用される)
グループの数2
(事前定義されたチャネル グループ以外)
5
(事前定義されたチャネル グループ以外)
各グループ内のチャネル数2525

チャネル グループの作成、編集

  1. [管理] をクリックします。
  2. [プロパティ] 列で、[データ設定] > [チャネル グループ] の順にクリックします。

デフォルトのチャネル グループと、作成したすべてのグループが一覧表示されます。

チャネル グループを作成する

チャネル グループを作成するには、既存のグループをコピーして変更を加えます。作成済みのグループがない場合は、デフォルトのグループをコピーして使用します。作成済みのグループがある場合は、そのいずれかをコピーするか、デフォルトのグループをコピーして使用します。

トラフィックは、グループ内のチャネルの最新の順序に基づいて、定義が一致する最初のチャネルに含まれます。

  1. チャネル グループを開きます。
  2. [新しいチャネル グループの作成] をクリックして、デフォルトのグループをコピーします。
    または
    既存のグループの行で、その他 > [コピーして新規作成] の順にクリックします。
  1. 新しいグループの名前を入力し、必要に応じて説明を入力します。
  2. 既存のチャネルの編集、新しいチャネルの追加、または既存のチャネルの削除を行います(下述の手順を参照)。
  3. チャネルの順序を変更する必要がある場合は、[並べ替え] をクリックし、チャネルをドラッグして並べ替え、[適用] をクリックします。
  4. 必要なチャネルの定義がすべて揃い、順序が正しいことを確認したら、[グループを保存] をクリックします。

グループ内のチャネルを編集する

  1. チャネルの行で > をクリックし、チャネル名、説明、条件を編集します。
  2. [チャネルを保存] をクリックします。

グループに新しいチャネルを追加する

  1. [新しいチャネルの追加] をクリックするか、その他 > [コピーして新規作成] をクリックします。
  2. 新しいチャネルの名前を入力するか、コピーしたチャネルの名前を変更します。
  3. 新しいチャネルの場合: [条件グループを追加] をクリックします。ディメンションとディメンションの値を選択して、チャネルを定義します。
    コピーしたチャネルの場合: 既存の条件を変更し、必要に応じて新しい条件を追加して新しいチャネルを定義します。
  4. [チャネルを保存] をクリックします。

グループからチャネルを削除する

  1. 既存のグループの行で > をクリックします。
  2. チャネルの行で、その他 > [チャネルを削除] をクリックします。

グループ内のチャネルを並べ替える

  1. 既存のグループの行で > をクリックします。
  2. [並べ替え] をクリックします。
  3. チャネルをグループ内の別の位置にドラッグします。
  4. [グループを保存] をクリックします。

トラフィックは、グループ内のチャネルの最新の順序に基づいて、定義が一致する最初のチャネルに含まれます。

グループを削除する

  1. 既存のグループの行で、その他 > [削除] の順にクリックします。
  2. [はい、削除します] をクリックします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました