[GA4] BigQuery Export スキーマ

GA4

この記事では、BigQuery にエクスポートされる Google アナリティクス 4 プロパティのデータおよび Firebase 向け Google アナリティクスのデータの形式とスキーマについて説明します。

データセット

BigQuery にリンクしている Google アナリティクス 4 プロパティおよび Firebase プロジェクトごとに、「analytics_<property_id>」という名前の 1 つのデータセットが BigQuery プロジェクトに追加されます。プロパティ ID は、アナリティクスのプロパティ ID を指します。これは、Google アナリティクス 4 プロパティのプロパティ設定、および Firebase のアプリ分析の設定で確認できます。BigQuery へのエクスポートが有効になっている Google アナリティクス 4 プロパティとアプリごとに 1 つのデータセットにデータがエクスポートされます。

テーブル

毎日のエクスポート オプションが有効になっている場合、各データセット内に events_YYYYMMDD という名前のテーブルが毎日作成されます。

ストリーミング エクスポート オプションが有効になっている場合、events_intraday_YYYYMMDD という名前のテーブルが作成されます。イベントは 1 日中記録されるため、このテーブルには継続的にデータが入力されます。このテーブルは、events_YYYYMMDD の作成が完了すると 1 日の終わりに削除されます。

一部のデバイスでは、イベントがトリガーされたその日にアナリティクスへデータが送信されない場合があります。この遅延を考慮するため、アナリティクスでは日次テーブル(events_YYYYMMDD)を更新する際に、イベントの日付から最長 3 日間のイベントを使用します。データ到着の遅延に関係なく、イベントには正しいタイムスタンプが設定されます。その 3 日の期間以降に到着するイベントは記録されません。

BigQuery サンドボックスの場合、1 日の途中にはイベントはインポートされず、追加で適用される上限設定があります。

当日にインポートする場合は、サンドボックスからアップグレードしてください。

events_YYYYMMDD テーブルの各列は、イベント固有のパラメータを表します。一部のパラメータは RECORDS 内にネストされ、items や event_params などの一部の RECORDS は繰り返し可能です。テーブルの列について以下で説明します。

event

event フィールドには、イベントを一意に識別する情報が格納されます。
フィールド名データ型説明
event_dateSTRINGイベントが記録された日付(アプリの登録タイムゾーンにおける日付を YYYYMMDD 形式で示したもの)。
event_timestampINTEGER該当クライアントでイベントが記録された時刻(マイクロ秒単位、UTC)。
event_previous_timestampINTEGER該当クライアントで前回イベントが記録された時刻(マイクロ秒単位、UTC)。
event_nameSTRINGイベントの名前。
event_value_in_usdFLOATイベントの「値」パラメータの通貨換算値(米ドル単位)。
event_bundle_sequence_idINTEGERこれらのイベントをアップロードしたバンドルのシーケンシャル ID。
event_server_timestamp_offsetINTEGERデータの収集時とアップロード時のタイムスタンプの間隔(マイクロ秒単位)。

event_params RECORD

event_params RECORD には、キャンペーン単位のイベント パラメータとコンテキストのイベント パラメータ、およびユーザー定義のイベント パラメータを格納できます。event_params RECORD は、イベントに関連付けられているキーごとに繰り返されます。event_params RECORD に格納されているパラメータのセットは、実装ごとに一意です。実装するすべてのイベント パラメータを確認するには、イベント パラメータ リストに対するクエリを実行します。
フィールド名データ型説明
event_params.keySTRINGイベント パラメータの名前。
event_params.valueRECORDイベント パラメータの値を格納するレコード。
event_params.value.string_valueSTRINGイベント パラメータが URL やキャンペーン名などの文字列で表されている場合は、このフィールドに格納されます。
event_params.value.int_valueINTEGERイベント パラメータが整数で表されている場合は、このフィールドに格納されます。
event_params.value.double_valueFLOATイベント パラメータが倍精度値で表されている場合は、このフィールドに格納されます。
event_params.value.float_valueFLOATイベント パラメータが浮動小数点値で表されている場合は、このフィールドに格納されます。このフィールドは現在使用されていません。

user

user フィールドには、イベントに関連付けられたユーザーを一意に識別する情報が格納されます。
フィールド名データ型説明
user_idSTRINGユーザーに割り当てられた一意の ID。
user_pseudo_idSTRINGユーザーの仮の ID(アプリ インスタンス ID など)。
user_first_touch_timestampINTEGERユーザーが初めてアプリを起動したか、サイトに訪れた時刻(マイクロ秒単位)。

privacy_info フィールド

privacy_info フィールドには、同意モードが有効な場合のユーザーの同意ステータスに基づく情報が格納されます。
フィールド名データ型説明
privacy_info.ads_storageSTRINGユーザーに対して広告ターゲティングが有効になっているかどうか。有効な値: Yes、No、Unset
privacy_info.analytics_storageSTRINGユーザーに対してアナリティクスのデータ保存が有効になっているかどうか。有効な値: Yes、No、Unset
privacy_info.uses_transient_tokenSTRINGウェブユーザーがアナリティクスでのデータ保存を拒否し、デベロッパーがサーバーデータの一時的なトークンに基づいて Cookie を使用しない測定を有効にしているかどうか。有効な値: Yes、No、Unset

user_properties RECORD

user_properties RECORD には、設定したユーザー プロパティが格納されます。ユーザーに関連付けられているキーごとに繰り返されます。
フィールド名データ型説明
user_properties.keySTRINGユーザー プロパティの名前。
user_properties.valueRECORDユーザー プロパティの値を格納するレコード。
user_properties.value.string_valueSTRINGユーザー プロパティの文字列値。
user_properties.value.int_valueINTEGERユーザー プロパティの整数値。
user_properties.value.double_valueFLOATユーザー プロパティの倍精度値。
user_properties.value.float_valueFLOATこのフィールドは現在使用されていません。
user_properties.value.set_timestamp_microsINTEGERユーザー プロパティが最後に設定された時刻(マイクロ秒単位)。

user_ltv RECORD

user_ltv RECORD には、ユーザーのライフタイム バリューに関する情報が格納されます。この RECORD は当日表では使用されません。
フィールド名データ型説明
user_ltv.revenueFLOATユーザーのライフタイム バリュー(収益)。このフィールドは当日表では使用されません。
user_ltv.currencySTRINGユーザーのライフタイム バリュー(通貨)。このフィールドは当日表では使用されません。

device

device RECORD には、イベントが発生したデバイスに関する情報が格納されます。
フィールド名データ型説明
device.categorySTRINGデバイスのカテゴリ(モバイル、タブレット、PC)。
device.mobile_brand_nameSTRINGデバイスのブランド名。
device.mobile_model_nameSTRINGデバイスのモデル名。
device.mobile_marketing_nameSTRINGデバイスのマーケティング名。
device.mobile_os_hardware_modelSTRINGオペレーティング システムから直接取得したデバイスのモデル情報。
device.operating_systemSTRINGデバイスのオペレーティング システム。
device.operating_system_versionSTRINGOS のバージョン。
device.vendor_idSTRINGIDFV(IDFA を収集していない場合にのみ使用)。
device.advertising_idSTRING広告 ID または IDFA。
device.languageSTRINGOS の言語。
device.time_zone_offset_secondsINTEGERGMT との時差(秒単位)。
device.is_limited_ad_trackingBOOLEANデバイスの広告トラッキング制限の設定。iOS14 以降では、IDFA がゼロ以外の場合、false が返されます。
device.web_info.browserSTRINGユーザーがコンテンツを閲覧したブラウザ。
device.web_info.browser_versionSTRINGユーザーがコンテンツを閲覧したブラウザのバージョン。
device.web_info.hostnameSTRINGログに記録されたイベントに関連付けられたホスト名。

geo

geo RECORD には、イベントが発生した地理的位置に関する情報が格納されます。
フィールド名データ型説明
geo.continentSTRINGイベントが報告された大陸(IP アドレスベース)。
geo.sub_continentSTRINGイベントが報告された亜大陸(IP アドレスベース)。
geo.countrySTRINGイベントが報告された国(IP アドレスベース)。
geo.regionSTRINGイベントが報告された地域(IP アドレスベース)。
geo.metroSTRINGイベントが報告された大都市圏(IP アドレスベース)。
geo.citySTRINGイベントが報告された都市(IP アドレスベース)。

app_info

app_info RECORD には、イベントが開始されたアプリに関する情報が格納されます。
フィールド名データ型説明
app_info.idSTRINGアプリのパッケージ名またはバンドル ID。
app_info.firebase_app_idSTRINGアプリに関連付けられている Firebase アプリ ID。
app_info.install_sourceSTRINGアプリをインストールしたストア。
app_info.versionSTRINGアプリの versionName(Android の場合)または short bundle version。

collected_traffic_source

collected_traffic_source RECORD にはイベントと同時に収集されたトラフィック ソース データが含まれます。
フィールド名データ型説明
manual_campaign_idSTRINGイベントと同時に収集された手動キャンペーン ID(utm_id)。
manual_campaign_nameSTRINGイベントと同時に収集された手動キャンペーン名(utm_campaign)。
manual_sourceSTRINGイベントと同時に収集された手動キャンペーンのソース(utm_source)。
manual_mediumSTRINGイベントと同時に収集された手動キャンペーンのメディア(utm_medium)。
manual_termSTRINGイベントと同時に収集された、手動キャンペーンのキーワード(utm_term)。
manual_contentSTRINGイベントと同時に収集された追加の手動キャンペーンのメタデータ(utm_content)。
gclidSTRINGイベントと同時に収集された Google クリック ID。
dclidSTRINGイベントと同時に収集された Google マーケティング プラットフォーム(GMP)ID。
srsltid STRINGイベントと同時に収集された Google Merchant Center ID。

traffic_source

traffic_source RECORD には、ユーザーを最初に獲得したトラフィック ソースに関する情報が格納されます。この RECORD は当日表では使用されません。注: traffic_source のアトリビューションは、クロスチャネルのラストクリックに基づいています。traffic_source の値は、ユーザーがインストール後に次のキャンペーンを操作しても変更されません。
フィールド名データ型説明
traffic_source.nameSTRINGユーザーを最初に獲得したマーケティング キャンペーンの名前。このフィールドは当日表では使用されません。
traffic_source.mediumSTRINGユーザーを最初に獲得したメディアの名前(有料検索、オーガニック検索、メールなど)。このフィールドは当日表では使用されません。
traffic_source.sourceSTRINGユーザーを最初に獲得したネットワークの名前。このフィールドは当日表では使用されません。

stream、platform

stream フィールドと platform フィールドには、ストリームとアプリ プラットフォームに関する情報が格納されます。
フィールド名データ型説明
stream_idSTRINGイベントの発生元であるデータ ストリームの数値 ID。
platformSTRINGイベントの発生元であるデータ ストリーム プラットフォーム(ウェブ、iOS、Android)。

ecommerce

ecommerce RECORD には、ウェブサイトまたはアプリに設定されている e コマース イベントに関する情報が格納されます。
フィールド名データ型説明
ecommerce.total_item_quantityINTEGERこのイベントにおけるアイテムの合計数。items.quantity の合計です。
ecommerce.purchase_revenue_in_usdFLOATこのイベントでの購入による収益。米ドル(標準単位)で表記されます。購入イベントに対してのみ入力されます。
ecommerce.purchase_revenueFLOATこのイベントでの購入による収益。現地通貨(標準単位)で表記されます。購入イベントに対してのみ入力されます。
ecommerce.refund_value_in_usdFLOATこのイベントにおける払い戻しの金額。米ドル(標準単位)で表記されます。払い戻しイベントに対してのみ入力されます。
ecommerce.refund_valueFLOATこのイベントにおける払い戻しの金額。現地通貨(標準単位)で表記されます。払い戻しイベントに対してのみ入力されます。
ecommerce.shipping_value_in_usdFLOATこのイベントにおける送料。米ドル(標準単位)で表記されます。
ecommerce.shipping_valueFLOATこのイベントにおける送料。現地通貨で表記されます。
ecommerce.tax_value_in_usdFLOATこのイベントにおける税額。米ドル(標準単位)で表記されます。
ecommerce.tax_valueFLOATこのイベントにおける税額。現地通貨(標準単位)で表記されます。
ecommerce.transaction_idSTRINGe コマース トランザクションのトランザクション ID。
ecommerce.unique_itemsINTEGERこのイベントにおける固有のアイテム数。item_id、item_name、item_brand に基づきます。

items

items RECORD には、イベントに含まれる商品アイテムに関する情報が格納されます。商品アイテムごとに繰り返されます。
フィールド名データ型説明
items.item_idSTRING商品アイテムの ID。
items.item_nameSTRING商品アイテムの名前。
items.item_brandSTRING商品アイテムのブランド。
items.item_variantSTRING商品アイテムのバリエーション。
items.item_categorySTRING商品アイテムのカテゴリ。
items.item_category2STRING商品アイテムのサブカテゴリ。
items.item_category3STRING商品アイテムのサブカテゴリ。
items.item_category4STRING商品アイテムのサブカテゴリ。
items.item_category5STRING商品アイテムのサブカテゴリ。
items.price_in_usdFLOAT商品アイテムの価格。米ドル(標準単位)で表記されます。
items.priceFLOAT商品アイテムの現地通貨での価格。
items.quantityINTEGER商品アイテムの数量。数量が指定されていない場合は、1 に設定されます。
items.item_revenue_in_usdFLOATこの商品アイテムの収益。price_in_usd x 数量によって計算されます。購入イベントに対してのみ入力され、米ドル(標準単位)で表記されます。
items.item_revenueFLOATこの商品アイテムの収益。価格 x 数量によって計算されます。購入イベントに対してのみ入力され、現地通貨(標準単位)で表記されます。
items.item_refund_in_usdFLOATこの商品アイテムの払い戻し額。price_in_usd x 数量によって計算されます。払い戻しイベントに対してのみ入力され、米ドル(標準単位)で表記されます。
items.item_refundFLOATこの商品アイテムの払い戻し額。価格 x 数量によって計算されます。払い戻しイベントに対してのみ入力され、現地通貨(標準単位)で表記されます。
items.couponSTRINGこの商品アイテムに適用されるクーポンコード。
items.affiliationSTRING仕入れ先業者や実店舗を指定する商品アフィリエーション。
items.location_idSTRING商品アイテムに関連付けられている場所。
items.item_list_idSTRINGユーザーに商品アイテムが表示されたリストの ID。
items.item_list_nameSTRINGユーザーに商品アイテムが表示されたリストの名前。
Items.item_list_indexSTRINGリスト内の商品アイテムの位置
items.promotion_idSTRING商品プロモーションの ID。
items.promotion_nameSTRING商品プロモーションの名前。
items.creative_nameSTRINGプロモーション スポットで使用されたクリエイティブの名前。
items.creative_slotSTRINGクリエイティブ スロットの名前。

1 つのイベントのデータは、繰り返しの RECORDS が含まれているかどうかに応じて、1 行または複数行で表されます。たとえば、複数の event_params が含まれている page_view イベントは、下の表のようになります。最初の行には、イベント名、日付、タイムスタンプ、繰り返しでないその他のデータ項目が含まれます。event_params RECORD は、イベントに関連付けられたパラメータごとに繰り返されます。この繰り返しの RECORDS は、最初のイベント行の直下にある後続の行に入力されます。

event_dateevent_timestampevent_nameevent_params.keyevent_params_value.string_value
202202221643673600483790page_viewpage_locationhttps://example.com
   page_titleHome
   mediumreferral
   sourcegoogle
   page_referrerhttps://www.google.com
   <parameters…><values…>

コメント

タイトルとURLをコピーしました