GTMのタグの「カスタムHTML」の「document.write をサポートする」について

GTM

GTMのタグの「カスタムHTML」の「document.write をサポートする」について説明します。 

document.writeはJavaScriptの古い機能で、ページ上の任意の位置にコンテンツを挿入できます。しかし、document.writeはページの読み込み速度を低下させる可能性があり、最近では代替手段が推奨されています。

チェックボックスをオンにする必要がある場合

カスタムHTMLタグのコードにdocument.writeが含まれていて、その機能が必要な場合は、このチェックボックスをオンにする必要があります。ただし、このオプションは非推奨であることを理解しておくことが重要です。

チェックボックスをオフにする場合

カスタムHTMLタグのコードにdocument.writeが含まれていない場合、または、document.writeの代替手段を使用している場合は、このチェックボックスをオフにすべきです。

document.writeが非推奨である理由

document.writeが非推奨である理由は主に以下の3点です。

  1. パフォーマンスの低下: document.writeは、HTMLドキュメントの読み込み中に実行されるため、ページのパフォーマンスを大幅に低下させる可能性があります。これは、document.writeがページのレンダリングをブロックし、その後のリソースの読み込みを遅らせることが原因です。
  2. 非同期読み込みとの互換性がない: 現代のウェブ開発では、非同期読み込みや遅延読み込みなどの手法がよく使用されます。これらの手法は、ページの読み込み速度を向上させる目的で使用されます。しかし、document.writeは非同期読み込みと互換性がないため、これらの最適化手法と併用することが困難です。
  3. DOM操作の代替手段: document.writeを使わずに、DOM(Document Object Model)操作を行う代替手段がいくつも存在します。例えば、createElementappendChildなどのメソッドを使って、動的に要素を作成・追加することができます。これらの手法は、document.writeよりも柔軟で、パフォーマンス上の問題も起こりにくいです。

これらの理由から、document.writeは現代のウェブ開発では非推奨とされており、代替手段が推奨されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました