Looker Studio データ欠落月を0で埋める

Looker Studio

まずは、下記のような棒グラフを作ります。

ディメンション:日付
指標:イベント数(特定のイベントイベント数を見るようにフィルターを掛ける)
棒グラフ

日付を月次にする

日付のペンアイコンをクリックします。

日付と時刻 > 年、月 を選択します。

X軸が年月になりました。データが無い月は飛ばされています(2022年9月、2022年12月)。

時系列グラフを選択

「時系列グラフ」を選択します。

スタイルを選択。

欠落データ – ゼロとして扱う

元の棒グラフを表示させるには、「棒グラフ」を選択します。

「全般」で、「欠落データ」の選択肢に「ゼロとして扱う」が選択されていれば、データ欠落月を0で埋めることができます。

データが無い月だった2022年9月、2022年12月には、0が入っています(最初は飛ばされていました)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました