Microsoft Clarity の導入

Microsoft Clarity

GTMを使ってMicrosoft Clarityを実装するのは非常に簡単です。

Microsoft Clarity

サインアップ

メールアドレスの確認

プロジェクトの作成

GTMによる実装

上記の「Google タグ マネージャを使用してインストールする」は、対象のURLのウェブページにGTMが既に実装されている場合に表示されます。まだ実装されていない場合は、この記事の最後の方をご覧ください。

今すぐつながりを申請

アカウントの選択

チェックを付けて、続行

GTM アカウント と GTM コンテナ の選択

GAと接続

再び、アカウントの選択画面になります。

チェックを付けて続行

GAに接続

インストール完了

GTMでClarityのタグを確認

GTMの公開を実行しなくても、計測は開始されています。

対象のURLのウェブページにGTMがまだ実装されていない場合

対象のURLのウェブページにGTMがまだ実装されていない場合は、「手動でインストールする」の「追跡コードを取得する」をクリックします。

ここで表示されるコードを手動でGTMに設定します。

「document.write をサポートする」にチェックを入れる必要はありません。

トリガーは「All Pages」です。これで、タグを公開すれば、計測が開始されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました