非エンジニアのための Markdown 入門

programing

ChatGPTに、ロードマップ等の構造を伝えるには、Markdownという軽量マークアップ言語を使うと良いでしょう。Markdownは、テキスト形式で書かれた文書を、HTMLに変換することができます。

Markdownとは?

Markdownは、文書を構造化するために使われる軽量マークアップ言語の1つであり、簡単に構造化されたドキュメントを作成することができます。Markdownは、シンプルで読みやすいため、ドキュメントの構造化には適しているといえます。

ただし、Markdownには構造化されたドキュメントを表現するための仕組みが限られているため、より複雑なドキュメントを作成する場合には、Markdown単体では不十分な場合があります。例えば、図表を含むより複雑なレポートや技術文書などの作成には、LaTeXという文書処理システムを使うことが一般的です。

ただし、Markdownはシンプルで学習コストが低く、多くのプログラマーやエンジニアにとっては非常に便利なツールとなっています。Markdownを使って構造化されたドキュメントを作成することは、多くの場合、十分な表現力があります。

Markdownは、ジョン・グルーバー(John Gruber)によって開発された軽量マークアップ言語です。2004年に最初にリリースされ、今では多くのプログラマーやライターによって使われています。

Markdownは、HTMLなどの文書形式を、シンプルで読みやすいテキスト形式に変換することができます。Markdownの特徴は、HTMLなどの文書形式よりも簡潔で、文書を書く際に直感的に書くことができることです。

Markdownは、主にウェブ上での文書作成に使用されます。GitHub、Stack Overflow、Reddit、Wikipedia、Slackなどのプラットフォームで広く使用されています。また、プログラマーやライター、ブロガーなど、文書作成を行う人々にとっては非常に便利なツールとなっています。

Markdownの主な使い方としては、次のようなものがあります。

  • READMEファイルやドキュメントの作成
  • ブログ記事の作成
  • コードの説明やコメントの書き方
  • メモやToDoリストの作成

Markdownは、HTMLなどのマークアップ言語と比較して、非常にシンプルで読みやすいため、初心者でも簡単に扱うことができます。また、多くのツールがMarkdownに対応しているため、簡単に文書を共有したり、整形したりすることができます。

マークダウン記法の具体的な書き方

見出し

見出しは # を使って記述します。見出しの大きさに応じて # の数を増減させます。例えば、次のように記述します。

# 見出し1最大の見出し
## 見出し2
### 見出し3
#### 見出し4
##### 見出し5
###### 見出し6最小の見出し

箇条書き

箇条書きは - または * を使って記述します。次のように記述します。

- 箇条書き1
- 箇条書き2
- 箇条書き3

または、

* 箇条書き1
* 箇条書き2
* 箇条書き3

マークダウンの箇条書きを階層化するには、インデント(字下げ)を使用します。通常の箇条書きは、アイテムの前にハイフン - またはアスタリスク * を付けますが、階層化された箇条書きでは、インデントによって親要素と子要素を区別します。

具体的には、子要素の箇条書きを親要素の下に記述し、その前に半角スペース2つ分のインデントを付けます。例えば、以下のように記述します。

- 親要素1
  - 子要素1-1
  - 子要素1-2
- 親要素2
  - 子要素2-1
  - 子要素2-2
    - 子要素2-2-1

このように、インデントを増やすことで箇条書きを階層化することができます。ただし、インデントには半角スペース2つを使用するのが一般的ですが、タブ文字を使用することもできます。また、インデントの数は必ずしも2つでなくても構いませんが、統一することが望ましいです

強調

強調したい部分には * または _ を使用します。強調の仕方によってイタリック体とボールド体を表現できます。例えば、次のように記述します。

*イタリック体*
_イタリック体_
**ボールド体**
__ボールド体__

リンク

リンクを記述するには [リンクテキスト](URL) を使用します。例えば、次のように記述します。

[Google](https://www.google.com/)

画像

画像を表示するには ![代替テキスト](画像URL) を使用します。例えば、次のように記述します。

![猫の画像](https://www.example.com/cat.jpg)

これらの基本的なマークダウンの構文を組み合わせて、ドキュメントを記述することができます。また、拡張子が .md のファイルとして保存することで、Web上のサービスやローカルのアプリケーションでマークダウンを表示できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました