ROASとは

Web Marketing

ROASとは、Return On Advertising Spendの略で、日本語では「広告の費用対効果」という意味です。広告費に対してどれだけの売上が得られたかを計算する指標で、広告の効果を把握する上で重要な指標です。

ROASの計算式は以下の通りです。

ROAS = (広告費で得られた売上) / (広告費)

例えば、広告費100万円で1000万円の売上を得た場合は、ROASは10倍となります。

ROASが高いほど、広告の費用対効果が高いことを意味します。ROASが高い広告は、予算を増やしたり、入札単価を上げたりするなど、優先的に運用すべきです。

一方、ROASが低い広告は、改善策を講じるべきです。広告文を変えたり、ターゲティングを変更したりするなど、広告の改善を図りましょう。

ROASは、広告の効果を把握し、広告を改善するために有効な指標です。広告運用にROASを活用することで、より効果的な広告運用を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました